こんにちは、いちのせです。

ラベルを剥がせば真っ白!みたいなボトルがインテリアブログ界隈で流行っていたのも今は昔。

近頃ではオシャレなスプレーボトルが簡単に手に入るようになりました。

 

ガチャガチャした生活感からおさらばできて、しかもなんかオシャレなおうちっぽく見えるので、我が家でも取り入れています。

 

ジェームズマーティンのボトルのデザインが大好きなのですが、1本2000円弱のスプレーボトル×掃除用途 はちょっと尻込みしてしまいまして。

 

そんなわけで貧乏性な私は、

  • 人の目に触れる部分はおしゃれボトル
  • 掃除用ボトルは100円ショップ

と使い分けています。

 

今回はお掃除用として愛用しているダイソーのスプレーボトルをご紹介します。

掃除用ならこれで十分!100均ダイソーの真っ白ボトル

エコクリーニングがテレビや雑誌で取り上げられるようになって、我が家もちょこっと取り入れるようになりました。

いちのせ
めんどくさがりなので、気が向いた時にちょこちょこやっているだけです

 

使っているのは重曹・クエン酸・セスキ炭酸あたり。

 

粉末を水に溶かして使用するので、掃除用のスプレーボトルが必要になります。

そのためのボトルとして、我が家ではダイソーのトイレの洗剤・風呂の洗剤のボトルを使用しています。

ダイソースプレーボトル

トイレの洗剤は真っ白ボトル

お風呂の洗剤は半透明ボトル

どちらもトリガー部分は真っ白で、泡で出てきます

ラベルを剥がせば真っ白

すっきり見せるために、できればボトルは真っ白にしたい。

ボトルに商品名が印刷されているのはもちろんNGですが、剥がしにくいラベルシールもけっこうやっかいです。

 

このダイソーのボトルは、ラベル部分がビニールで覆われているだけなので、ハサミで切れば簡単に剥がせます

 

ダイソーのスプレーボトルラベルを引っ張ってはがす

びよーん!

手間なくすっきりボトルにできるのはうれしい。

 

トリガー部分についてた黄色いのはストッパーなので、外すことができます。

これで全部真っ白に!

泡タイプなので、市販洗剤の詰め替えもできる

通常の液タイプのボトルに泡タイプの洗剤を入れると、液詰まりを起こすことがあるので、あまりオススメしません。

 

おしゃれなスプレーボトルって液体対応のものが多い印象で、泡タイプの洗剤が詰め替えにくかったのです。

 

ダイソーのボトルはもともと泡ボトルなので、泡タイプの洗剤を入れても問題なし。

 

※容量が300㎖なので、詰め買え洗剤によってはあふれてしまうことも!事前の確認をおすすめします。

 

税込108円!用途ごとに買い揃えやすい価格

ボトル単体ではなく、洗剤も込みで100円というのがお得感十分!

ボトルのシンプル化に興味はあるものの、「わざわざボトルにお金出すのはちょっと…」みたいな場合にも挑戦しやすくていいですよね。

スポンサーリンク

ダイソーの洗剤売り場で探してみて

最近のダイソーでは、シンプルなインテリア雑貨もたくさん出ています。

とくにスプレーボトルは園芸コーナーや洗面用品コーナーなどいろいろな売り場に並んでいるので、目的の商品が見つからないことも。

 

今回ご紹介したスプレーボトルは、トイレやお風呂の洗剤コーナーにあります

 

シンプルな泡タイプのスプレーボトルは使い勝手がいいので、探してみてください。

それでは!

 

リビングダイニングではこちらのボトルを使っています。

スポンサーリンク