シリーズでお送りしております、よみがえれ無水鍋作戦。

大変残念な事態となりました。

最初にいいます。

この記事は、失敗例です!

 大切なアルミ鍋が変貌してしまうので、絶対やらないでください。
フリでもないです。

 

とりあえず言えることは、オキシクリーンはやめておけ

 

 

アルミ製の無水鍋の変色・焦げつきを落として購入時のピカピカを取り戻そうといろいろやっています。

無水鍋の茶色い変色をナイロンたわしでこすった時の記事はこちら。

油汚れならオキシ漬けがいいんじゃない?

「オキシ漬け」という言葉をご存知でしょうか。

酸素系漂白剤であるオキシクリーンを50度ほどのお湯に溶き、その溶液の中に汚れ物をつけ込むことで、手間なくすっきり汚れを落とすという、SNSで話題になった掃除(洗濯)方法です。

 

流行りに乗りたがりの私ももちろんオキシクリーンは所持しておりまして、洗濯はもちろん、あらゆるところで活躍してくれています。

そんなオキシクリーンは油汚れも落とすらしい!

 

我が家の無水鍋は前回ハイホームでこすってかなりきれいになったのですが、ふちの部分の茶色い焦げつきが残ったままなのです。

変色部分が落ちた無水鍋

この焦げつき、目立つようになったのは揚げ物に使った後からなので、油跳ねが原因ではないかと思っています。

 

「油よごれなら、オキシクリーンで落ちるんじゃない?」

ふと思いつき、ネットを見てみると、アルミ鍋の汚れを酸素系漂白剤で落とせるという記事を発見(しかもいくつかのサイトに載っている)。

 

さっそく試してみることにしました。

結果から言うと大失敗だったので、こんなこと思いつかなければよかったと後悔しています。

スポンサーリンク

オキシクリーン液にアルミ鍋をつけこんでみる

結果的にきれいにできなかったので、詳細に載せるのもどうなんだろうという気もしますが、せっかく写真も撮っていたので載せちゃいます。

まず、50℃前後のお湯を張った鍋にオキシクリーンをいれます。

無水鍋とオキシクリーン
オキシクリーンは40g使用しました。

無水鍋に入ったオキシクリーンを泡立てる

しっかり溶けていないと効果が出にくいので、泡立て器で混ぜます。

使っているのはドレッシング用のミニ泡立て器。

無水鍋を漬け置くためにキッチンペーパーを巻く
取っ手の部分もかなり汚れていたので、キッチンペーパーを巻きました。

こうするとオキシクリーン溶液がパックのように鍋に張りついたままになります。

 

※ちなみに、この段階で鍋をシンクからキッチン天板に移動しました。

(別の作業時に、キッチンシンクをオキシ漬けして白くしてしまったことがあったので)

 

オキシクリーンを張った無水鍋にラップをかける

オキシクリーンが効果を発揮しやすい40~50℃を維持するために、全体にラップをかけます。

水面にラップを浮かせるイメージでぴったり張ったら…

無水鍋で水浸しになったキッチントップ
作業台が水浸しに!

ラップをつたって鍋の中のオキシクリーン溶液が溢れてしまいました。

いや…まぁ…考えたらそうなるよね。

ビニール袋で無水鍋をオキシクリーンに漬け込む
そこで急遽、30lのビニール袋に鍋ごと入れて、つけおくことに。

「これで鍋の外側もきれいになるじゃん!」

などと思っておりましたが…これがさらによくなかったんだよなぁ。

 

そして、5時間経過。

オキシクリーンの効力は6時間くらいで切れると聞いたことがあったので、それくらい置いておけばいいかとそのまま外出。

ステ美
なんで汚れの落ち具合確認しないで放置したの

いちのせ
なんとなく大丈夫な気がしたんだよ…

ステ美
そういうとこよ、あんたの悪いとこ

 

そして帰宅後の無水鍋がこちら。

オキシクリーンにつけこんだ無水鍋

 

あれ、水がグレーになってる?

これはオキシ漬けによくある「水に汚れが溶け出してます!」的な展開かと思いきや…

オキシクリーンによって変色した無水鍋

水を流すと、鍋の表面が変色している!!!

 

さっきの水の色は、汚れが溶け出したのではなく、変色した鍋の色が映っていただけ。

水の色は漬け込んだ時のオキシクリーン溶液の色そのままでした。

 

写真を見ると中央にこすったような跡があります。

これは私が焦って指で触った跡です。

 

ぎょっとするような変色具合でしたが、ゴム手袋をつけた手で軽く触るだけで、変色した部分の大半は落ちました。

オキシクリーンから出した直後の無水鍋
オキシクリーンをすべて洗い流したところ。

スポンジを使ってこすりながら洗いました。

無水鍋からオキシクリーンをこぼしたところ
変色した部分は水で洗うことでかなりなくなりましたが、鍋の上半分が黒ずんでしまいました。

この黒ずみは鍋にしっかりこびりついていて、強くこすっても落ちません。

悲しすぎる。

アルミ鍋にアルカリ性はNG!

アルミ鍋でアルカリ性の食材を調理すると、鍋表面を覆っていた酸化皮膜が傷つき、黒ずみの原因となります。

これは、重曹やオキシクリーンなどのアルカリ性洗剤でも同じこと。
(オキシクリーンなどの酸素系漂白剤はアルカリ性です)

酸化皮膜が傷ついたことでアルミそのものがむき出しになり、水の中のミネラルと反応することで黒く変色してしまうのです。

 

「そんなの知らなかった!」と言えたらまだかわいいものなんですが、私、それ知ってたんですよね。

無水鍋を購入する時にさんざん口コミやらレビューやら読み込んでいたので…

ステ美
もう一度きくけど、なんで放置したの?

いちのせ
いけると思ったんだよね…

オキシクリーンはやめておけ

なんとかなるだろうとオキシクリーンに漬け込んだばっかりに、うちの無水鍋は変色してしまいました。

しかも、ビニール袋で漬けたから、外側も黒くなっています。

鍋をきれいにしたくて始めたはずなのに、どうしてこうなった…

 

アルミ鍋の汚れを取りたくてオキシクリーンを試そうとしているあなた、悪いことは言いません。

オキシクリーンは、やめておきましょう。

 

 

その後、クエン酸を使ってこの黒ずみをとることに成功しました!

スポンサーリンク