こんにちは、いちのせです。
おうちに新生児を迎えたあなた、ご出産おめでとうございます!

2時間おきの授乳、次から次へと消費されていくオムツ、布団に寝かせた途端に泣き出す我が子…

 

新生児との生活は慣れないことだらけですが、毎日必ずやらなければならないお世話のひとつが沐浴です。

さて、どうやって沐浴していますか?

お風呂場でベビーバスにお湯を張って、という場合が多いんじゃないかな。

 

私も、1人目を出産した時はなんの疑いもなくお風呂場で赤ちゃんを沐浴させていました。

でも、2人目を出産した病院で沐浴指導を受けている時、助産師さんから「洗面台やシンクで沐浴するのもオススメ」と言われ、目から鱗が落ちました。

実際にやってみると、準備も簡単だし、腰も痛くならないし、すごく楽だったので、ご紹介します!

スポンサーリンク

ベビーバスってかさばる

一般的な沐浴といえば、ベビーバスを使ったもの。

沐浴専用の大きなものもあれば、使い勝手を考慮した軽量タイプなど、種類はさまざま。

私は上の子の時、ビニール製のベビーバスを使っていました。

  • 軽い
  • 使わない時は畳める

と思っていたのですが、ベビーバスの使用期間中、空気を抜いて畳むことはまずないです。

赤ちゃんは毎日洗ってあげるし、そのたびに空気を入れるのは大変。

結局、けっこうな大きさのベビーバスが洗面所や部屋の片隅に置きっぱなしにされていました。

いちのせ
おおきくなったらプールとして使うかも?

なんて、水遊びに使おうと思っていたこともありましたが…

  • 最低限、腰がすわるまではプールで遊べない
  • 歩き回る月齢以上になると、ベビーバスでは小さすぎる

ということで、水遊びプールとして使用できるわずかな期間とシーズンが重ならず、沐浴以外に使うことはありませんでした。

ベビーバスを使った沐浴はママの負担が大きい

一般的なベビーバスを使った場合、材質やデザインにはいろいろ違いがあっても、

  • 床に置いて使う
  • お湯を張った後では場所の移動がしづらい

というところは共通しています。

使用後にお湯を捨てないといけないので、結果として、お風呂場にしゃがみこんでというスタイルになりがち。

でもこれ、すごーく腰に負担がかかります。

沐浴時のママの動作
ベビーバスにお湯を張る

赤ちゃんを寝かして着替え

赤ちゃんを抱え、立ってベビーバスへ移動

しゃがんだり、低い姿勢のまま赤ちゃんを洗う

赤ちゃんを抱え、立って着替え場所まで移動

赤ちゃんを寝かして着替え

ベビーバスのお湯を捨てる・洗う

立つ・座るの動作が多く、毎日となるとけっこう腰にきます。

産後のママの身体はデリケート。

まだ骨盤が開いている時期なので、腰への負担はできるだけ減らしたいものです。

我が家の新生児期を振り返ると、オムツ替えで腰をかがめる姿勢もつらかった…

新生児のオムツ替えって本当に頻回なので(処理済みオムツを捨てに行って戻ったらまた出てるレベル)、なんかもうずーっと腰痛かったなぁ。

スポンサーリンク

洗面台で沐浴するのに必要な道具

洗面台にマットを敷いて、赤ちゃんの足やお尻が直接ボウルに触れないようにします。

沐浴マットは比較的リーズナブルなので、挑戦しやすいのも魅力のひとつ。

赤ん坊カンパニーの沐浴マット

洗面台のボウル全体に敷く、シンプルな沐浴マット。

透水性のスポンジでできていて、使った後に洗ったり乾燥させるのがとても簡単。

洗濯機の脱水機能も使えるので、衛生面でも気持ちよく使えます。

ブルーミングバス

見た目のかわいさならば、断然コレ!

ポリウレタンの中綿入りで、厚みがあります。

クッション性が高いので、赤ちゃんにも安心。

沐浴として使わなくなった後は、プレイマットとしても使えます。

スポンジバスベッドを使う

お風呂場に赤ちゃんを寝かすための、スポンジバスベッドを使うという手もあります。

本来は、赤ちゃんと一緒にお風呂に入る時に、お風呂場の床に敷くためのもの。

赤ちゃんの形にくぼみができているので、洗面台の中でも身体の収まりがいいです。

私はこのタイプのスポンジベッドを使っています。

 

サイズがぴったりなので、洗面台のボウルに敷いて使います。

クッション性もあり、水切れもいいので片付けも楽ちんでけっこう気に入っています。

沐浴の時期が過ぎたら、お風呂場に寝かせるマットとして使えます。(これが本来の使い方)

手に取りやすい価格で、月齢が進んでも使えるので、洗面台沐浴のおためしとしてはオススメです。

実際に洗面台で沐浴してみた

我が家ではこのスポンジベッドを使っています。

西松屋のお風呂マット

西松屋の店舗をフラフラ見ていた時に、「これを敷いたら沐浴できそうかも?」と思いつきで購入したもの。

スポンジには赤ちゃんを寝かせるためのくぼみがついています。

西松屋のお風呂マット背面
スポンジには引っかける紐もついているので、吊るして乾燥させておくことができます。

このスポンジベッドを洗面台の底に敷き、お湯を張ります。

沐浴マットを敷いてお湯を張る

こんな感じでジャーっと勢いよく。

この時、給湯器などでお湯の温度設定をしておきます。

洗面台が冷たい分、お湯の温度も下がってしまうので、実際に赤ちゃんを入れる時の温度よりも高めに設定しましょう。

湯温計は使っても使わなくてもどちらでも大丈夫。うちは使いませんでした。

ただし必ず、自分の手でお湯を触って、温度を確かめてください!

手のひらではなく、ひじの裏側あたりで確認すると正確です。

沐浴の手順は、ベビーバスを使う場合と同じでOK。

片手赤ちゃんの頭を支えつつ、手早く全身を洗ってあげましょう。

沐浴のための洗面台の洗い方

洗面台での沐浴、ママにとっては楽そうだけど、赤ちゃんにとっては大丈夫なのかな?

なんといっても新生児のお世話なので、衛生面で心配になる方もいますよね。

どんなタイプのベビーバスにも言えることですが、沐浴前後で掃除は必要です。

大人のお風呂も新しいお湯を張る前には浴槽を洗いますよね?
同じように沐浴グッズもきれいにしておく必要があります。

まずは洗面台の汚れを落とす

洗面台は他の家族が手を洗ったり、歯磨きをしたりする場所なので、沐浴前に汚れはしっかり落としておきましょう。

私はお風呂用洗剤をスポンジにつけて洗い、よくすすいでいました。

洗剤が残っているといけないので、タオルで軽く拭き取りもしておくと安心です。

洗面台を洗うのはどのタイミングで?

洗面台を洗う作業自体は5分弱、消毒を含めても20分くらいなので、そんなに大変な作業ではありません。

とはいえ、せっかくきれいにした洗面台で手洗いされてしまったらちょっとショックですよね。

なので、沐浴の時間の30分前くらいから掃除をはじめて、消毒中に替えの肌着などを用意しているとちょうどいいと思います。

他の家族の帰宅や歯磨きの時間も考えて、沐浴の時間を設定しておきましょう。

我が家は夕方がわりと時間確保しやすかったので、夕食準備前の16時台に沐浴してました。

洗面台の消毒って必要?

洗面台での沐浴にそもそも消毒が必要なのかというのも意見が分かれるところで、私も毎日きっちり消毒していたわけでもありません(根がずぼら)

ただ新生児へのお世話だったので、一応気にして用意はしていました。

タイミングとしては、洗面台を掃除した直後に消毒して、そのあとすぐに沐浴をはじめます。

オスバン(逆性石鹸)を使った消毒方法

助産師さんに洗面台の沐浴の話をしていた時に聞いたのは逆性石鹸を使うというものでした。

オスバンとは塩化ベンザルコニウム液の商品名で、医療現場はもちろん、最近では家事に使っている人もいます。

石鹸という名前がついているので誤解しがちですが、逆性石鹸に洗浄力はないので、必ず消毒とは別に洗面台の掃除が必要ですのでお忘れなく。

掃除を終えた洗面台に水を張り、オスバンを入れて、そのまま10分放置→水を捨てて、ボウル内をすすぐ

という方法で私は消毒していました。

洗面台で沐浴をするメリット

沐浴の手順自体は、ベビーバスも洗面台も変わりません。

ただ、ベビーバスを使わないというだけで、ママや赤ちゃんへはメリットがたくさんあります。

腰への負担が少ない

お湯張りから片付けまでのすべての動作が立ったまま行えるので、腰への負担がかなり減ります。

しゃがまないで済むって、本当に楽!

洗面台の上に沐浴布やガーゼ、ベビーシャンプーなどを並べておけば、赤ちゃんを洗う動作もスムーズです。

室内の温度管理がしやすい

赤ちゃんの生まれた時期にもよりますが、冬場だと赤ちゃんが沐浴時に寒く感じないかも心配ですよね。

浴室暖房がついている場合はいいのですが、そういうおうちばかりでもないですし。

お風呂場よりも洗面所の方が、比較的暖かいので沐浴もしやすいです。

沐浴している場所が寒いと、お湯も冷めやすく、赤ちゃんも寒くて泣いてしまいます。

必要があれば洗面所にヒーターを置いておくのもいいですよね。

浴室にベビーバスを置いて沐浴するよりも、洗面台周りの温度を整える方が私には手軽でした。

使うお湯の量が少なく、片付けが楽

小さいとはいえ、ベビーバスいっぱいにお湯を張るとかなりの湯量になります。

それが洗面台のボウルの分だけになれば、その分のお湯の量を減らすことができます。

いちのせ
水道代の節約にもなりますね!

 

ベビーバスを使った場合、大変なのは沐浴後の片付けです。

ベビーバスの底にお湯の排出用の穴があるタイプならばいいのですが、たらいのようなタイプだと、お湯の入った重たいベビーバスをひっくり返さないといけません。

また、使い終わったベビーバスも、次の沐浴に備えて洗わないといけません。

お風呂場にしゃがみこんでベビーバスを洗うと腰は痛いし、足元は濡れるし、地味にストレス。

洗面台の場合は、栓を開けてお湯を排出すればOKなので、時間もかからず、重たいものを持つこともありません。

使った後の洗面台は立ったまま洗えるので、腰への負担もなく簡単です。

おわりに

ベビーバスから洗面台に切り替わっただけで、こんなに楽なんだ!と感動するくらいに沐浴が楽になります。

沐浴用のマットなどの道具もネットや店舗で手に入れやすいので、ぜひお試しください。

それでは!

スポンサーリンク