「小さな子供と一緒に外食」ときくと、慣れないママたちは身構えてしまうかもしれません。

子供が騒いだりしないか、周りに迷惑をかけないか、子供を連れているとなんだかいつも気をつかっているので、静かな食事スペースは気後れしますよね。

でも、せっかくのランチの機会なら、親も子供も楽しみたい!

お店や他のお客さんへの配慮をするのは大前提ですが、あらかじめ食事グッズをまとめておくだけで、子連れ外食はぐっと楽になります。

ファミレスよりも定食屋!派のいちのせ夫婦が、「これがあってよかった!」と思った子連れ外食のお助けアイテムたちをご紹介します。

100円ショップで買えるものばかりなので、おためしください。

子連れでの外食に持っていくと便利なアイテム

お食事エプロン

ファミレスやチェーン系のステーキ店などだと紙エプロンの用意がありますが、平面のエプロンって結構使いにくいです。
はねてエプロンについたソースが、そのまま垂れてしまうので、結局洋服が汚れたり。

あと、子供はすぐにあの紙エプロンを破る。引きちぎる。
なんなの、それはおもちゃじゃないんだよ。

我が家で愛用しているのはセリアのお食事エプロン。

使用時のみポケットの部分を折り返すと立体的になるので、テーブルや服も汚れにくくなります。

使い終わったら小さく畳めるし、食器感覚でシンクで洗えるのも便利。
食事の汚れってシミになりやすいものが多いので、布製よりもビニール製の方が扱いやすいです。

難点は折った跡がくっきり残ることかな。
ここから切れてくるんですよね。

セリア以外の100円ショップでも似たようなエプロンは置いてあるので、探してみてください。

ポケットがついていないものもあるので、そこだけ注意!

セリアの麺カッター

麺類、とくにうどんの取り分けに大活躍する麺カッター

いろいろ使った結果、メーカー品よりセリアのやつが使いやすかったという。

月齢的に使わなくなってしまったので、写真がなくて残念なのですが…

使い慣れた箸・スプーン

子供用のお箸やスプーン・フォークを出してくれるお店は多いです。
街の定食屋さんとかでも、子連れ客用に食器をしてくれているところが多くて、本当に助かるしありがたい!

我が家は基本的にはお店で提供していただいた食器(取り皿・スプーン・フォーク)を使っています。

ただ、子供の月齢に応じて、使いやすい食器がちがうのもまた事実…

メニューによって子供が食べづらい(食べさせにくい)時のために、使い慣れた箸とスプーンも持参しています。

エジソンのスプーンを使うようになってからは、こればかり使っています。

スプーンの先の形状が、容器から食べものをすくいやすく作ってあるらしく、たしかにこのスプーンを使っている時は、ヨーグルトのカップがぴかぴかです(笑)

年齢が上がってフォークよりも箸の方が食べやすい!となってからは、100均の子供箸と、持ち方補助具をつけたものも持つようになりました。

写真のは、ダイソーで3個入り100円だったバネ式の補助具。

いつもの箸に取り付けると、エジソン箸のような持ち方補助箸になります。

カエルの顔がプリントされていたのですが、いつのまにやのっぺらぼうに。
シンプルデザインってことにしよう、ね!

チェアベルト(100均じゃないけど)

100均でそろうとタイトル打っておいてアレですが、子連れ外食の必須アイテムはこれだと思う。

子供のお腹周りを支えるベルト(小さい方)とは別に、太いベルトもついています。

このベルトをママの腰につければ、子供を膝に乗せたままの姿勢でも食事しやすい!

子供の姿勢も安定するし、ママの膝から子供がよろけたとしても、床へ落ちずにすみます。

そしてもうひとつ。
このチェアベルト、大人用イスにも取り付けられます

子供用のイスを用意していないお店もたくさんあるけれど、まだ大人イスに一人では座らせられない子も、チェアベルトを固定した大人イスにだったら座らせられます。

これが本当に便利!
子供が複数いたり、熱いメニューがあったり、「膝の上からちょっとおろしたい!」シーンってけっこうあるんですよね。

もともとあった子供イスのサイズが大きくて子供が動いてしまう場合にも便利です。

※お店のイスに取り付けする場合は、一応確認を取ってからにしましょう。

シンプルな無地から、柄モノまでいろいろあるので、お好みにあわせて。

値段もそこまで高くないので、これは持っているとオススメです。

スポンサーリンク

そのまま洗えるポーチに入れて持ち歩く

ご紹介した食事グッズはひとつのバッグにまとめてお店に持って行きます。

使い捨てのおしぼりもあると便利なので、一緒に入れてます。
お店から提供されたおしぼりだけじゃ、うちの子の汚れは拭き取れないのですよ。

ひとつひとつのはかさばらないので、結構コンパクトにまとまります。

使っているのは、ダイソーのそのまま洗えるトラベルトートバッグ。
トートバッグタイプのみ150円商品で、他にポーチの大・小サイズ(ともに100円商品)があります。

「車から食事グッズだけ持って行きたい時に便利かな」と思ってトートバッグタイプを使っていますが、マザーズバッグに入れて持ち歩きたい方はポーチがいいかも。

カラーは他にピンクがありました。

このポーチの何がいいって、家に帰ってそのまま洗濯機にINできるんです!
楽ちん!

食事を終えるとどうしても汚れるので、エプロンやチェアベルトは洗いたいですよね。

食器洗い洗剤で洗いたいスプーン類とエプロンはシンクへ。

おしぼりなどのゴミがあったら捨てて、あとはそのまま洗濯機に。

ベルト部分ががちゃがちゃいうチェアベルトも、ポーチが洗濯ネットになってくれるので、他の洗濯物を傷つけません。

以前は同じくダイソーのクリアポーチを使っていましたが、

・ポーチのふちが割れてくる

・洗った後に乾きにくい

など、モヤモヤしていたので、洗えるポーチに替えました。

洗濯ネットみたいな素材なので、乾きも早くてとっても便利になりました!

事前の準備でストレスなく子供とランチしよう!

子供を連れての外食は親もドキドキ。

でも子供の方も、いつものおうちでの食事とは違うこと、ちゃんとわかっています。

だからちょっとしたことでご機嫌ななめになったりもします。

なーんていうと、外食が大変そうに思えますが、ちょっとの準備で食事はスムーズに済ませられます。

周りへの配慮はもちろん必要だし、「子供が飽きる前に!」と時間に追われる感があるのは否めないけれど、私は子連れ外食大好きです。

おうちの外へ出て、自分以外の誰かが作ったごはんを食べる、ってすごくリフレッシュできる!

せっかくの外食、ママもお子様もみんな楽しめますように。

それでは!

スポンサーリンク