こんにちは、いちのせです。

レジカゴバッグってお持ちですか?

スーパーのお買い物かごにそのままガバッとかぶせるタイプのエコバッグです。

 

私、これまでずーっといわゆる普通のエコバッグ(折り畳み式。10年物)を使って買い物していたんですね。

で、ふと昨年の帰省時に実家で母親が使っていたのを思い出して、購入してみたんです。

いざ使ってみたら、なんということでしょう!

買い物を終えてスーパーを出た時の疲労度がものすごく違う。

端的にいうと、「これ、めっちゃ楽」

子連れの買い物はストレスが多い

普段の買い出しは家族みんなで土日にまとめ買いをしています。
夫も一緒に動いてくれるから、子供の相手をしながらでも、まぁ大丈夫。

追加の買い出しが発生した場合も、上の息子が幼稚園に行っている間にさささーっと済ませてしまいます。

なんでそんなに息子との買い物を避けてるかって?

彼と買い物すると、疲れるからです。

子供にとってはスーパーなんて楽しい場所ではないでしょうし、ある程度仕方ないのは理解しているのですが。

イライラポイントとしては、

・好きな食べ物を見つけるたびに「これ買って!」

・なにか目についたものの名前を嬉々として報告してくる

・店内で謎の動き(踊り?)をはじめる

などでしょうか。

そのたびに、「買いません」「もうちょっと小さい声で話そうか」「お店で踊るなぁぁぁぁぁ!」と相手していると、もうグッタリ。

今は下の娘がおとなしくカートに乗っていてくれるからいいけれど、兄妹そろってこの動きになると思うと早くも憂鬱です。

スポンサーリンク

ママの疲労はレジ~詰め替え時に一気に加速する

お店に入ってからずーっと注意し続けて親はぐったり。

お店に入ってからずーっと怒られて子供はうんざり。

そこへ来て、レジの会計待ち。

暇。

 

子供が飽きてしまうのも無理はありません。

まだ抱っこ紐に子供たちを入れて買い物をしていた時も、そういえばレジ待ちの間にグズグズしていました。

 

なんとかなだめすかして支払いを終えて、カゴからビニール袋やエコバッグに移し替える。

この作業がつらい。

すっかり飽きた子供は動きまわろうとするし、動くなって言ったら今度はなんかすごい話しかけてくるし、こっちも疲れてるし、イライライライラ…

 

そんな私のイライラ買い物は、レジカゴバッグの登場でとっても救われたのです!

レジカゴバッグは普通のエコバッグとどう違う?

よくあるエコバッグとレジカゴバッグの大きな違いはカゴにすっぽりかぶせられるかというところ。

一般的なエコバッグは、会計済みの商品をカゴからエコバッグへと自分で移しますよね。

レジカゴバッグは、レジ打ちの時点でカゴにバッグをつけてもらうので、自分で移し替える手間がありません。

 

私が使っているのはこちらのバッグ。

以前持っていたエコバッグよりは大きめです。
・夫が持っても違和感がない
・たたんでキッチンに置いても悪目立ちしない
ところがお気に入り。

内側にアルミシートが張ってるので、保冷効果もあります。
とっても気に入って買い物のたびに使っていたのですが、気になる点がひとつ…

車からの出し入れで引っかけたのか、布地の切り替え部分でほつれた箇所ができてしまいました。
バッグの使用にはなんの問題もないし、ほつれが広がる気配もないのですが、正面の位置なだけに「やっちまったー」感がぬぐえません。残念。
麻布みたいな質感の布地なので、ひっかけには弱いのが弱点ですね。

 

私のようにネットで購入することもできますし、スーパーのレジ付近にオリジナルのエコバッグが販売されていることもあるので探してみてください。

ものの持ち歩きに便利なのと、生地が厚い分、結露などにも強い「保冷タイプ」がオススメです。

レジカゴバッグの使い方

レジカゴバッグの使い方は簡単。

レジで商品をスキャンしてもらう前に、をカゴにつけてもらうだけ。

私は商品の上にバッグを置いて列に並び、自分の番になったら「これをつけてください」とお願いしています。

初めて使う時は、嫌な顔されないかな?とドキドキしていました。

こういったバッグを使っている人ってたくさんいるので、お店の人も慣れてます。

何回かに1回くらい戸惑った店員さんに当たると「イレギュラーな客でごめんなさい」って思いますが。

レジカゴバッグを使うだけで、買い物のイライラを減らせる

子供と一緒に買い物に行かざるをえない、夏休みなどは本当にスーパーへ行くのが面倒になりがち。

親子でイライラしないためにも、買い物はサクッと終わらせたいですよね。

レジカゴバッグを使うと会計後はそのまま出口に向かえるので、とっても楽ちん。

今ではレジカゴバッグを忘れた日は「あちゃー、しまった」と思うくらいにはなくてはならない相棒となりました。

子連れでない時にも便利なので、ぜひお試しください。

それでは!

スポンサーリンク