ぴんぽんぱんぽーん♪

本日はヲタ記事でございます。

NHKのEテレ番組にきゃーきゃー言ってるだけの記事ですので、苦手な方はブラウザバックをお願い致します。

 

「子供が生まれてからEテレみるようになった」というママさんは多いと思います。

私もそうです。

なんなんでしょうかね、あの子供を惹きつける力は。魔力としか思えない。

今ではおかあさんといっしょ見ながら一緒に歌って踊れるようになったいちのせですが、実は学生時代から大好きでよく見ていた番組があります。

それがピタゴラスイッチと、にほんごであそぼ

そのにほんごであそぼの中の「あさき夢みし」のお話をしようと思います。

歌舞伎好き、中村勘九郎丈がとても好き

私、歌舞伎が大好きでして。

学生時代は歌舞伎座に毎月通っていたのですが、子供を産んでからはめっきり劇場から足が遠のいてしまいました。

行きたい行きたいと思いつつ、なかなか行けずに早2年。

その間、歌舞伎見たい欲はテレビで補っていたのですが、最近の楽しみは夕方のにほんごであそぼ内で中村勘九郎丈が見られること。

この丈を観たくて歌舞伎に通っていたと言っても過言ではない中村屋ファンなので、毎日ドキドキしながら見ております。

スポンサーリンク

 あさき夢みし

さて、記事タイトルの「あさき夢みし」ですが。
ちーむ・をとめ座の4人の女の子たちがかわいらしく歌う合間に、伝統芸能関連の出演者たちがセリフととともにカットインしてきます。

特別出演しているのは、中村勘九郎丈と文楽の豊竹咲甫太夫さん、狂言師の野村萬斎さん。

私、萬斎さんも好きなので毎回ウハウハです。

曲が恋の歌なので、セリフも愛を囁くものばかり。

さんざん勘九郎アゲしといてなんですが、この曲の最大の萌えどころは萬斎さんの「あーいしてるぜーぃ」だと思います。
しかも衣装は風の又三郎。まじイケメン。
曲後半は中村勘九郎と野村萬斎どっち派ですか的な畳み込みがあるのですが、
「俺の きもち ァ、受け取れェ」

「愛しいひと 何万年も 連れ添いましょうぞ」
ではちょっとセリフの破壊力が違いすぎてですね、私は毎回、萬斎さんの素敵ボイスにやられております。本当にありがとうございます。

このあさき夢みし、もともとはにほんごであそぼに出演しているあもんくん、てるみくん、かいとくんが方言でセリフを言っていたものです。

そこに特別ver.として伝統芸能組のセリフ入りが作られたらしい。

しかも、この私を萌え殺しにかかっているとしか思えないこの曲、「あさき夢みし」シングルの特典DVDとしてすでに発売されているらしいです。

これは…買うしか…!

 

ちなみに私が夕飯の準備もそこそこにテレビに食らいついている間、息子はあさっての方向を向いておもちゃで遊んでおります。

うん、いいんだ、一緒にきゃーきゃー言うのもなんか違うと思うしね。

スポンサーリンク