お風呂のおもちゃって、放っておくとすぐにヌルヌルしてくるし、水鉄砲やらアヒルちゃんはすぐやらに中が黒くなるし…

かといって、お風呂あがりにいちいち水気を拭き取る余裕はないし…

けっこう収納に困るアイテムですよね。

いっそ全捨て!したいところですが、子供たちがお風呂で遊ぶ期間は、ほんの数年。
(あれ、そうだよね?そのうち卒業してくれるよね?)

カラフルでがちゃがちゃしたおもちゃたちも、子供時代限定のインテリアとして楽しみたい!

水気も切りつつ、できるだけスッキリと、お手入れも楽ちんに収納して、お風呂おもちゃのストレスをなくす収納グッズをご紹介します。

スポンサーリンク

お風呂のおもちゃはネットで吊るす


壁に取りつけるためのループがついた、お風呂のおもちゃ収納用のメッシュバッグを使っています。

ネットで探すと、似たような商品がいろいろ売っていたので、
・真っ白であること
・ファスナーなどの金具がないこと
をポイントに選びました。

 

 

素材は目の粗い洗濯ネットのようです。

ポケットの中におもちゃをポイポイ入れていくと、そのまま下に水気が切れます。

水が溜まりやすいおもちゃは伏せて入れるように注意すると、次に使う時に冷たい水が出てくるのも防げます。
あれ、冷たいし汚いし、ギャッてなりますよね。

 

入浴時以外も壁付けのままですが、1年以上経ってもカビは生えてきていません。

 

ネット自体は簡単に取り外せるので、壁の掃除をする時も楽ちんです。

金属も使用されていないので、浴室にかけっぱなしでもサビが出ません。

洗濯ネットを使って収納しようかと思ったりもしましたが、このサビ問題で断念したので、やっぱり専用品は便利だなぁと思います。

おもちゃが汚れたらネットごと洗う

水気が溜まりにくいとはいえ、お風呂で使ったままのおもちゃはやはり汚れてきます。

放っておくとカビがはえてくるので、時々オキシ漬けしています。

やり方は、オキシクリーンを溶かした液にネットごとおもちゃをひたす→しばらく置いて、水ですすぐ。
以上。

細かいところに汚れが残ったら、古ハブラシでこすり落としますが、たいていはそこまでしなくても汚れは落ちてます。

スポンサーリンク

ネットの取り付けには「はがせるフック」が便利

ネットの取り付けには、100均で販売している貼ってはがせるフックを使用しています。

接地面が大きい方が安定しそうだったので、セリアのものを使っています。


ツルツルした面にはぴったりくっついて、フックの存在感はほとんどなくなります。

我が家の浴室の壁は凹凸という程ではないですが、さらっとした手触りです。
そのため、この手の密着するタイプのフックは相性がイマイチ。

セリアのフックは接地面が大きいため、なんとかくっついてくれています。

フックの耐荷重は1つにつき1kgなので、計算上2kgまではOK。
おもちゃをそこまで入れることはありませんが、子供がネットを引っ張ると注意が必要です。

取り付けから1年以上経ちますが、一度も落ちたことがないので、問題はなさそうです。

おもちゃはお風呂上がりに子供がお片づけ

お風呂のおもちゃは、使い終わったら自分で片づけるのが我が家のルール。

お風呂につかったままポイポイ放り込むだけなので、子供でも簡単に片づけられます。

 

バケツなどは下向きにして、水が溜まらないようになっているかだけは親がチェックした方がいいかも。
アヒルちゃんの水も抜いてくださいね。

 

ポケットが上に3つに仕切られているのですが、ほぼほぼ使われていません。

「おもちゃを種類ごとに分類する」というのが苦手なのか、必要性を感じていないのか。

基本的におもちゃはすべて下の大きなポケットに放り込まれています。

 

でもお風呂の中や浴室に散らばってなければよし!

 

お風呂用のおもちゃってカラフルだし、生活感もすごく出るけれど、子供のいるおうちらしい可愛いさもありますよね。

子供が小さい時期の間限定のものなので、便利アイテムも使いつつ、うまく付き合っていけたらいいなと思います。

それでは!

スポンサーリンク