もうすぐ始まる夏休み。

地域の夏祭りに行くのを楽しみにしていた子供たち&私(おもに私)ですが、夏祭り前に早くも夏バテ。

7月半ばにもなると毎日暑いし、この酷暑の中歩き回るのは親も子供も本当につらい…イライラしてケンカになる未来しか見えない…

でもやっぱり屋台気分を楽しみたい!ということで、おうちで夏祭りごっこをしました。

IKEAのおままごとキッチンを使ったので、準備も簡単!やり方をご紹介します。

ポイントは子供をどんどん巻き込むこと!

手抜きじゃないよ!パーティーだよ!

スポンサーリンク

準備時間は30分!夏祭りごっこの用意をします

「今日は夏祭りには行けない…でも夏祭り気分は味わいたい!」と思いついたのが午前10時過ぎ。

事前準備はまったくしていなかったので、手がかからない&すぐに始められることを重視して準備を開始しました。

準備したもの
  • 看板
  • 飾り付け
  • 屋台フード

もっと時間とやる気があれば、飾りつけに力を入れることができたと思います。

が!我が子が待ちきれないで飽きてしまう方が厄介だったので、今回は超簡略化。

折り紙で夏祭りの看板作り

屋台の看板みたいなものを設置したかったので、折り紙に「な・つ・ま・つ・り」と書きました。

100均で売っている柄モノの折り紙なんかを使うとポップな雰囲気でよいのでは。

私が黒マジックで文字を書き、子供が周りにお絵描きをしました。

子供が熱心に絵を描いている間に、親はフードを準備します!

300均で購入した飾り付け

これはあってもなくてもいいかなと思うのですが、去年300円ショップで購入した夏祭り風のフェルト飾りも用意しました。

ひとつぶら下げただけで一気に夏祭りっぽくなります。(去年捨てなくてよかったー!)

今回はマスキングテープで貼り付けただけですが、数時間くらいならきちんとついたままでした。

屋台フードは冷凍食品で

夏祭りごっこの屋台フード

おうちで屋台フードを食べよう!と決めたその足で、冷凍食品を買いに行きました。

ここでのポイントは、子供主役でメニュー決めすること。

  • 子供のリクエストを聞く
  • 売り場で子供に選ばせる

お店に向かう道すがらに好きな屋台メニューをきいたり、どんな色の飾りがかわいいか相談したり、これからスペシャルなイベントをするんだ!という気分になるように、子供のテンションを徐々に上げていきましょう。

我が家の屋台メニュー
  • ソーセージ
  • たこ焼き
  • 焼きそば

THE☆既製品

余裕があれば手作りが素敵だとは思いますが、ジャンクな雰囲気も屋台フードの良さだよね!ということで料理は簡単に済ませてもらいました。

あ!一応たこ焼きは油で揚げましたよ!(とりあえずアピールしておく)

IKEAのおままごとキッチンを屋台風に飾り付け

IKEAのおままごとキッチンを夏祭り屋台風に飾り付け

じゃじゃーん!

 

あ、「意外としょぼいな」って思いました?思っちゃいました?

ですよね、私ももうちょっとクオリティ上げられたなと反省しています。

でも大事なのは親子で楽しく飾り付けできたかどうかで、その点では合格点かなと自己満足してもいます。

 

IKEAのおままごとキッチンの背面に、用意した飾りをどんどんつけていきましょう。

なつまつりの折り紙は子供と一緒にペタペタ貼りました。裏側にマスキングテープを貼っただけなので、貼るのもはがすのも簡単。

右下のぐちゃぐちゃした紙は、「これポスター!」と言って息子が持ってきた塗り絵です。ぐちゃぐちゃに落書きしたのは娘。

あれもこれも飾ろうと子供たちが騒いでいたので、準備の時間も楽しんでくれたのだろうと思っています。

スポンサーリンク

屋台フードを並べて、お店屋さんごっこをしよう!

夏まつりごっこにフードを並べた様子

子供たちが準備している間に作った屋台フードを、皿にいれて並べます。

取り皿と飲み物が用意できたら、夏祭りごっこスタート!

  1. お客さんは取り皿をもって「たこ焼き2つください」と好きなものをオーダー
  2. 店員さんはオーダーにそって取り皿にとりわける
  3. お金の支払いの真似をする
  4. ダイニングテーブルに移動して「いただきます!」

 

このやり方のいいところは、子供たちは各自で取り皿を持っている&ビュッフェ方式なのでケンカになりにくくてみんなが平和に食べれるところ。(まぁそれでももめ事は起こるけど)

もちろんお客さんと店員さんは入れ替わりだし、各自食べ終わったらおかわりもできます。

いつもと違うごはんの食べ方に、子供たちは大喜び!

IKEAのおままごとキッチンがあってよかった!

今回の夏祭りごっこが30分で準備完了したのは、IKEAのおままごとキッチンを使用したからです。間違いない。

おままごとキッチンとしても4歳の息子・1歳の娘ともに楽しんでいるのですが、今回普段とは違う使い方もできて、なんだか得した気分です。

IKEAのおままごとキッチンはシンプルで背面も使える

デザインが凝っているものだと、装飾がじゃまになってリメイクしにくいということがありがちですが、IKEAのおままごとキッチンはとにかくシンプルで平面的なので、紙ものや雑貨を取り付けやすい。

本体カラーもシンプルなので、イベントの飾り付けの邪魔にならないのもうれしいところ。

レンジの裏のスペースも、看板としてつかえるので、お店屋さんごっこにはぴったりです。

IKEAのおままごとキッチンはネットでも購入できる

まだおままごとキッチンを持っていなくて購入検討中の場合、近くにIKEAの店舗がある場合は、そちらで購入して車で持ち帰るのが一番いいです。

でも、店舗から自宅に発送となると配送料が3000円かかります。

IKEAオンラインストアからだと配送料は3990円。

どちらも配送メインエリア内での金額なので、自宅と店舗との距離が離れているとさらに金額がかかります。

(以前住んでいたところがメインエリア外で、IKEAの店舗からソファ発送してもらったら配送料が12000円くらいかかって衝撃でした…商品価格は安いし、そのソファも気に入ってるんですけどね)

ということは、店舗の遠くにすんでいる場合はネットで購入した方がお得!

もともとの価格設定は店舗よりも高くなっているのですが、IKEAオンラインストアの送料とネットショップでのポイント還元をあわせて考えると、金額的には実質同じくらいになると思います。

あと、個人的にはIKEAの配送は時間指定の幅が狭くて不便だったので、Amazon・楽天・Yahooショッピングなどのネットショップの方が使いやすい印象があります。

おうちイベントで家族みんな笑顔になろう!

せっかくの夏休み、「遊びに行きたい!」と思っても暑さや体調などで出かけられないこともありますよね。

子供も気分転換できて、大人も楽しめる「夏祭りごっこ」は、日常をちょっとスペシャルにするおうちイベントにぴったり!

準備に時間や手間やお金をかけられなくても、とにかく楽しんでしまえばOK!きっと家族みんなが笑顔になるはず。

大事なことなのでもう一度いいます。

手抜きじゃないよ!パーティーだよ!

 

スポンサーリンク