息子と私と親子そろって恐竜にハマり中の我が家。

ティラノサウルスの動くジオラマ展示が見られるときいて、ミュージアムパーク茨城県自然博物館に行ってきました。

恐竜以外にも動物・植物の生態や歴史を体感できる大ボリュームの自然史博物館でした!

4歳と1歳の子供を連れて見学したので、「子連れで楽しむ」という目線で大好きな恐竜展示をメインにレポートしていきます。

なかなかの展示量なので、子供にあわせてターゲットをしぼって見学するのがおすすめ!

スポンサーリンク

ミュージアムパーク茨城県自然博物館のエントランス

ミュージアムパーク正面出入り口

正面出入り口。入館するとチケット販売機があります。

入館口が2階なので、展示を見ながら1階へと降りていくつくりになっています。

本館の外には広大な自然公園が広がっていて、貝の化石採集場もあります。

茨城県自然博物館のヌオエロサウルスの化石

2階からは恐竜ホールにいるヌオエロサウルスの化石が見られます。

この化石は展示を順に見ながら1階に降りていくと、今度は下から見上げる形で見学することができます。

茨城県自然博物館のヌオエロサウルス化石を下から見たところ

メタセコイアの展示とあわせて、その巨大さに圧倒されます。

展示室ではなくホールなので、他の見学者との距離が近くないのが嬉しいし、みなさんさくさく通りすぎていくので、竜脚類好きの息子はいつまでもいつまでもヌオエロサウルスを眺めていました。(キリがないので最後は引っ張って移動した)

ミュージアムパーク茨城県自然博物館の展示エリア

  1. 進化する宇宙
  2. 地球の生いたち
  3. 自然のしくみ
  4. 生命のしくみ
  5. 人間と環境
  6. ディスカバリープレイス

2階展示室からスタートして、1から順に1階へ向けて降りていく順路です。

スポンサーリンク

茨城県自然博物館の恐竜展示のみどころ

恐竜展示は「地球の生いたち」ゾーン

茨城県自然博物館の恐竜展示は2階の「地球の生いたち」ゾーンの一部です。

名前の通り、地球をつくる岩石から生物の誕生と進化についての展示物が並びますが、恐竜は展示スペースも広いし、化石やジオラマも見ごたえがあります。

茨城県自然博物館の恐竜展示

何より、ここのゾーンだけすごく混雑します。

単純に恐竜が人気なのか、展示解説を読もうと足が止まるのか、人の流れが途絶えません。

日曜日に行ったこともあって、子供連れでにぎわっていました。

茨城県自然博物館の恐竜化石

ジオラマ「恐竜たちの生活」は動くティラノサウルスが大迫力!

茨城県自然博物館のティラノサウルスのジオラマ

2017年3月にリニューアルされた恐竜のジオラマ(動いて鳴く恐竜ロボ)がとにかくリアルでかっこいい!

ティラノサウルスに羽毛があったのでは?という説が子供向けの恐竜図鑑でも当たり前に掲載されるようになりましたが、なんかいまいちピンとこなかったんですよね。私が子供の頃のティラノはモフモフしてなかったし。

そんな私でも、こんな風にジオラマ化してくれると羽毛恐竜の姿がしっくりと理解できます。図鑑の平面イラストが立体化して頭にインプットされた感じ。

子供のティラノサウルスは全身を羽毛が覆っているのですが、その羽毛の質感がすごくリアルなので、ぜひじっくり見てください。

 

このジオラマ、トリケラトプスと対峙しているシーンを再現しているのですが、ティラノサウルスがすごく吠えます。

別に見学者を驚かそうとして吠えてるわけじゃなくて、展示としては自然な感じなんですけど、なにぶんリアルなので、小さい子は怖がるかもしれません。

うちの息子(4歳)は展示の近くにきた時点で「うわぁぁぁぁぁティラノサウルスこわいー!!!」とおびえて、隣にいたおばさまに微笑まれました。うるさくしてすみません…。

ミュージアムパーク茨城県自然博物館に授乳室やおむつ交換シートはある?

1階の恐竜ホールに授乳室が設置されています。

メタセコイアのすぐそばにトイレがあるのですが、そこは多目的シートが設置されているので、おむつ交換なども可能です。

 

トイレは各階に3~4か所あって、博物館としては多い印象。

子供が展示に夢中になってトイレに駆け込むことになっても、なんとかなりそう(笑)

トイトレ中のママにとっては死活問題ですよね、トイレ。

ミュージアムパーク茨城県自然博物館の入館料や休館日

施設名 ミュージアムパーク茨城県自然博物館
所在地 〒306-0622

茨城県坂東市大崎700

TEL 0297-38-2000
開館時間 通常9:30~17:00(入館16:30まで)

※金・土曜日、GWや夏季は延長する場合があるので、公式サイト内「アクセス・利用案内」を確認してください

入館料とアクセス詳細 通常期入館料:大人 530円/高校・大学生330円/小・中学生100円

高校生以下の学生は毎週土曜日は無料で入館できます。(春・夏・冬休みの長期休暇は除く)

企画展開催中、野外施設のみの利用などで料金が異なります。
詳細は公式サイト「アクセス・利用案内」をご確認ください。

休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)
公式サイト 茨城県自然博物館HP

ミュージアムパーク茨城県自然博物館で1日遊びつくそう!

ミュージアムパーク茨城県自然博物館は展示リュームが大きいので、じっくり見て回ると3時間以上かかると思います。

本館以外の野外施設も充実しているので、まさに1日がかりで遊べる場所。

恐竜以外にも動物・昆虫・植物など茨城県の自然について体感できる展示ばかりなので、子供の好奇心を満たしてくれること間違いなし。

 

今回我が家は4歳・1歳の子供たちを連れていったのですが、子供の集中力が切れないようにとさくさく見学してしまったので、正直もっとじっくり見学したかった…

子供の成長に合わせて、また再訪したい!

その時はこの記事に追記していこうと思います。それでは!

 

 

次に読むなら国立科学博物館の見学レポ!

スポンサーリンク